砂漠の果てのサイドフィールド

2008-06-23ところで

次なる目標


ええと、この間はなにか急用ができて言いたい事が言えずじまいでした。

・・・なんでしたっけ?

・・・・・・。(シャーネス様と共同作業をしたこと?)

・・・・・・・・・。(マレマロマ様から道具を受け取った事?)

・・・・・・・・・・・・。(ええと、あー。うーん?)


・・・まあ、いいです。思い出せないという事はきっと大したことではないに違いない。これが原因で後ろから刺されるようなことは無い、はず。たぶん。きっと。



気をとりなおして

いくつかある構想を順番に列挙していくと、まず

  • 甘魔力短剣『カーテンコール』を完成形に仕上げる
  • (4)4鍋『熱砂のアブストラクト』の低コスト製作・売却
  • 酸セット『カッサリオの角』『アルファラルファの車輪

    』の作成

  • 4ランク調理鍋『底面メイエル』の完成


  • といったところでしょうか。

    まず、カーテンコールの強化完成については慎重を期す必要があります。現在加工値11の短剣に3マナを加えることで13調合、重魔力武器としての特性を最大限に高める予定なのですが、失敗するとえらいことになります。現状でも割と役に立つ装備なので、優先順位は低いかもです。


    次、現在使用している鍋より性能の落ちる、熱砂のアブストラクト(4)/16/12/4。

    実は当初、こちらを作成・使用していく予定だったのが、手持ちの素材の変動などいくつかの要因が重なり、現在の(4)7鍋となったのでした。

    ですが、折角考えた名前とフレーバー、使わずに居るのはもったいないと、妙な拘りが発動。 作成を決意します。

    できるだけお金をかけずに作成したいものですが、さて。

    こちらも後回しですね。多分。


    酸セットについては、暫く前に悲惨な失敗をして以来考える事をやめていました。

    ただし、先手必勝、対ボックス専用武装とさえ目されるその性質上、性能そのものにそれほどこだわる必要性は無さそうです。

    これも、暫くプランを練りたいと思います。

    唯でさえ今、武器防具のセットを二つも抱えてしまっていますし・・・。



    さて、最後のこれが本命も本命、ど本命中の滅法本命な四ランク調理鍋。

    魔力はゼロ、素調合の成功率を極限まで高めた、依頼等で凄まじい性能を発揮するに違いの無い調合道具です。

    題しましては底面メイエル(4)30/14/0。

    レシピは以下、

    影クモの糸*4 =約400G

    影クモの糸+星スミレ*2 or 良質の粘土*2 =約260G

    調理鍋*1 =150G

    影クモの糸各100Gと概算しまして、星スミレは、まあ30G前後くらい?でしょうか。良質の粘土でもいいのですが(多分こちらのほうが安くつく・フレーバー次第ですね)。

    で、合計で大体810Gとかそのくらい。 技料理込みでまあ、1000G以内の予算で何とかなるといったところです。


    あー。んん、困難な部類の調合である事は間違いが無いですね。

    というか、名前にツッコミが入るとあれなのですが、そもそもウチの実家は台所用品の製造メーカーなんぞをやっておりまして。


    メイエル、というと田舎ではそこそこ知られた名前になります。まあもっとも、今はこのパッフェルベル風の発音にしているのですけれど。

    今回の調合はちょっとした実家の宣伝も兼ねて、ちょっとだけ気合を入れてみようかなと、そんなことを考えてみました。